我流:石粉粘土の保存方法

こんにちは。相城ゴロ-です。今回は石粉粘土を使って余った場合の保存方法をお伝えします。一応私のやり方で1年ぐらい保存して、開封して使ってみても問題なかったので、その保存方法を紹介します。それ以上の月日が経っても保存できる証にはなりませんが、私がやった方法では開封後、再密閉してから1年経っても同じような粘度を保っていたということです。個人でやり方、感じ方の差異はあると思いますので、あくまでご参考にしていただけたらと存じます。

まず余った粘度をもとのビニールケースに入れるときに少し水をまきます。少量です。

次に空気を抜きながら、ビニールの口をマスキングテープなどで閉めます。空気をできるだけ無くしておいてください。

それができたらかさばらないようにコンパクトにテープなどで固定しいます。

次にこれを100均などで売っている、チャックの付いたビニール袋に入れていきます。チャックをする前にこれも空気を抜いていきましょう。

空気を抜きながら巻き終わったら、マスキングテープで固定して、空気が入ってこないようにしましょう。

最後にこれをもう一度ビニール袋に入れて空気を抜いて、巻いた後にマスキングテープで固定して出来上がりです。あとはこれを引き出しの中など温度の上がらない日陰で保存することです。

最後にもう一度ビニールに入れる
空気を抜いて巻いてマスキングテープで固定して終わり

こんな感じです。今回台座作成に開封して使えたので報告いたしました。それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)