第20回オラザク選手権:ベースの製作

こんにちは。相城です。

ベースはホームセンターで売っているMDF。こいつの難点は反ってしまうこと。粘土とか盛ると、乾燥後よく反っている。気を付けないといけない材料。

でもお構いなしに、100均購入の紙粘土を持っていく。凹凸には発泡スチロールを利用しました。発泡スチロールの固定には木工用ボンドを利用しました。このベースの製作にあたり、初めてスチロールカッターを購入しました。

ちょうどラストシューティングした場所の再現とあって、でこぼこ感や通ってきた穴などを再現していきます。初めは2方向の壁は無しでつくっていたんですが、リアルさに欠けるので追加したというわけです。

完成当初
少しいじってベース全体に紙粘土を盛ったところ

最終的には2方向に壁をつくってリアルさを求めてみました。

ただ、最近この作成物を見ると作り直したいという気持ちに駆られます。もうお少し案が練れたら作り直したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)