鳥山明先生のサイン色紙の真贋について2

こんにちは。今回は鳥山明先生のサイン色紙の真贋について第2弾でお届けします。まぁ大体がトレースで絵面もそんなに上手じゃないので見抜けると思うんですが、中にはうまいのもあるので躊躇しますよね?でも鳥山明先生の本物の色紙が10万円以下で手に入ることはないと言っても過言ではないでしょう。昔はあったのですが、海外のコレクターが熱を上げてるんじゃないかと推察するのですが、どうなんでしょうその辺り。それでは行きましょう。

先ずは本物

続いて偽物と思われるもの

上の悟空のイラストを丸パクリしたのがこれ。

続いては漫画家の絵ではないというもの

続いては左側は右側のイラストをトレースしたもので、右側はサインが偽物。サインが偽物と教えていただいたのですが、よく気づいたものですね。私にはまだそこまでの眼力はない。また、右側はイラストは印刷のはずですので、直筆をうたってるやつには騙されないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)