HGUCグフ製作:ジオラマ行きです。

さて、腕部、ランドセルとネオジウムを埋め込んでいきましたが、実はこのグフジオラマに行くんですよ。ネオジウム意味がナーーーーい。まぁやってみたかったので、挑戦してみたんです。

さてガンダムとの名シーンを再現するべく、次はグフの胸部にメスを入れます。そしてランバラルを搭載します。そのためクリアパーツも加工します。

加工は超音波カッターで胸部にメスを入れていき、すき間がある程度出来たら、ヤスリやカッターで少し広げます。ラルさまが見えるように。クリアパーツも写真のようにニッパーでカットし、ヤスリとかで調整します。リューターでラルさまを搭載する場所を確保してまいります。

ラルさまはウェーブの1/144作業員を用いました。

また, 胸の傷の大きさは顔からついたはずなんですが, 実際ガンダムがグフの腕を落とすときはその傷がいえていたので, その時のように, 傷は小さめでつくりました。ビジュアル的にもその方がいいかなぁって。

インスタの写真をスライドしご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)