HGUCグフ製作:腕部ネオジウム埋め込み

HGUGグフの製作ですが、シールドを差し込む穴がおもちゃっぽいし、オリジナルの設定にないので、その穴を埋めて、その代わりにネオジウムを埋め込んで、シールドを固定しようと考えました。

それで腕部の部分を見ると、ちょうどピンの雄雌がある部分を奥までカットすると、ネオジウムの挿入を確保できることが判明しました。ちなみにネオジウムは100均で売ってるやつの小さい方。

それと合わせてシールドの雄部分をカットし、ネオジウムを瞬間接着剤で貼り付けました。

後でわかったことなんですが、ネオジウムでもプラスティックの肉厚と、シールドの重さで、十分な固定力は得られないことが判明しましたが、ちょっとのことでは外れないので私にとってはやったかいはあったかなと思ってます。もしネオジウムの固定力をより強力にするのなら、腕部でネオジウムを差し込んでいるところのプラスティックの肉厚を落とすしかないでしょうかね?より強力なネオジウムがあればそちらの方がいいかもです。

加工例は、以下のインスタの写真をスライドしながらご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)